子育て

バウンサーは水通しする?必要な理由や洗い方・ぬいぐるみも水通しが必要なのか解説!

こんにちは。サラです。

赤ちゃんが生まれるまでにほとんどの人がやっている「水通し」。

衣類からタオルまで、赤ちゃんに触れるものには水通しをするのがおすすめと聞きますよね。

ただ、バウンサーってベビー服と同じく水通しはしたほうがいいのかなと気になりませんか?

「赤ちゃんを乗せるだけだし・・。」と思っている人もいると思います。

ですが、バウンサーって埃が溜まりやすく、デリケートな赤ちゃんの肌には天敵なんです。

そのため水通しはもちろん、定期的に洗って清潔にすることが大事なんですよ!

サラ
サラ
今回の記事では、

  • バウンサーは水通しする?
  • 必要な理由や洗い方
  • ぬいぐるみも水通しが必要?

について詳しくご紹介していきます。

\バウンサーといえば「ベビービョルン」がメッシュ素材で使いやすい!/

バウンサーは水通しする?

↓口コミ

結論からいうと、バウンサーのシートは水通しするのがおすすめです

バウンサーは水通しをするとしないで賛否は分かれますが、個人的に水通しをした方が良いと思います。

バウンサーの上に赤ちゃんを乗せるので、直接肌に触れてしまいますよね。

さらに赤ちゃんはとっても汗っかきです!

汗をかく量が大人よりも多く、背中に密着した状態が長いと汗でびっしょり( ߹꒳߹ )

そのままにしておくと、汗疹ができたり風邪をひいてしまうこともあります。

そのため、水通しをすることでシートの生地を柔らかくなり汗の吸収率も高くなるメリットが!

こんな効果があるので、個人的にも水通しができるものは使う前に一度キレイにしておくのがおすすめですよ( *´艸`)

バウンサーの水通しが必要な理由

バウンサーの水通しの必要性についてご紹介します。

バウンサーのシートは取り外しが可能なものが多いので、水通しをするのがおすすめと解説してきました。

赤ちゃんの身に着ける服や用品(グッズ)などは、なぜ水通しが必要かというと、

ホルムアルデヒド(化学物質)を取り除くこと

が大事だからです。

買ったばかりの服やタオルなどには、しわやシミを防ぐ「ホルムアルデヒド」や「糊」がついているがものが多いです。

最近では基準が厳しくなっているので減ってきていますが、それでもまだ使われている商品もあります。

とにかくこの物質は、肌が弱く敏感な赤ちゃんや子供にはとっても厄介なんです(>_<)!

皮膚の炎症やアレルギーを起こす原因となり、荒れてしまうと治すのにも時間がかかってしまうこともあります。

そのためバウンサーもベビー服と同様に、使用する前には水通しをしてホルムアルデヒドを洗い落とす必要があります

特に赤ちゃんの時は、口にいれてしまうことがほとんど。

できればきれいに落としてあげたほうが、ママさんにとっても安心できますね( *´艸`)

バウンサーの洗い方

バウンサーの洗い方についてご紹介します。

バウンサーの洗い方は、

  • 手洗い
  • 洗濯機

の2通りがあります。

水通しは基本的に洗剤を使わずに、水で洗うだけでも問題はありません

化学物質であるホルムアルデヒドは水で洗い落ちる成分なので、洗い流せば落ちてくれるからです。

ただ、さらにしっかりと落としたいと思っている人もいるはず。

そんな時は、洗剤を使ってしっかりと水通しをするのもおすすめです!

洗剤を使うのであれば、赤ちゃん用の中性洗剤を使うようにしましょう。

赤ちゃんの頃は何かしら口にいれてしまいますよね。

そのため、口にいれても安心な洗剤を選ぶことをおすすめしますよ( *´艸`)

\低刺激で赤ちゃんが使うものにこれ1つで完了♪/

バウンサーを洗濯機で洗う

洗濯機で水通しをする場合は、

洗濯ネット

は用意しておきましょう。

洗濯ネットを使うと、シートの型崩れ防止になるのでおすすめです♪

乾燥機を使うと型崩れしてしまう場合が高いので、使わないようにしましょう。

干すときは、形を整えて日陰で干すのがポイントですよ(*´꒳`*)

ぬいぐるみは洗う?

\予備を持っておくと乾かなくても焦る心配なし♪/

バウンサーについているトーイ(ぬいぐるみ)も、取り外しが可能です!

ぬいぐるみってとっても埃がつきやすく、ダニが住み着きやすい環境になっているんです。

そのため、ぬいぐるみも定期的に洗うことをおすすめします。

\ぬいぐるみは水通しがおすすめの理由はこちらの記事に記載しています!/

まとめ

いかがでしたか?

バウンサーの水通しについて
  • バウンサーのシートは外して水通しをするのがおすすめ!
  • 洗い方:手洗いの方が形が崩れにくい

となっています。

バウンサーのシートで水通しができるものは、ベビー服と同様にしておいたほうが良いです。

そのまま置いておくだけでも埃が溜まったり、ホルムアルデヒドが付着したりと赤ちゃんにとってはよくありません。

洗濯機で水通しすることも可能ですが、事前に洗濯表示は確認することを忘れずに行いましょうね(・∀・)!