子育て

室内ジャングルジムはいらないって本当?メリット・デメリットや何歳まで使えるのか解説・おすすめやレンタルについてご紹介!

こんにちは。サラです。

サラ
サラ
今回の記事では、

  • 室内ジャングルジムはいらないって本当?
  • メリット・デメリットや何歳まで使えるのか解説
  • おすすめやレンタル

について詳しくご紹介していきます。

「室内ジャングルジムってどうなのかな?」と気になったことはありませんか?

室内ジャングルジムといえば、子供が滑り台やジャングルジムで遊ぶことができる人気のベビーグッズですね。

外に出れない日でも気軽に遊ぶことができるので、購入しているご家庭も多いはず。

ただ室内ジャングルジムは「いらない」・「いらなかった」という意見もよく聞きます。

それは何故なのか?理由やメリット・デメリットなどを調べてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

室内ジャングルジムはいらないって本当?

室内ジャングルジムがいらない・いらなかったということをよく聞きますよね。

色んな理由がありますが、

  • 室内ジャングルジムの置き場所がない
  • 遊んでもすぐに飽きてしまう
  • 準備(組立)や片付けが大変

などの理由が特に挙げられます。

特に外遊びがしやすい環境なのであれば、無理に室内ジャングルジムを購入する人は少ない印象です。

それなりに高いですしね・・。年の離れた兄弟がいる場合も遊ばない子供も多いようです。

ちなみに私は子供のために購入したのですが、「買ってよかった」と個人的には思っています。

私が室内ジャングルジムを購入するに至った理由は、下の子を妊娠していることが分かったからです。

上の子が1歳半になって公園に興味を持ち始めたころ、妊娠中でつわりも酷くなかなか外に出るのが難しかったんです(>_<)。

さらに主人も朝から夜まで仕事でワンオペ状態。。

そんな時に少しでも気を紛らわせることができたのは、室内ジャングルジムでした!

メリット

メリットとしては雨の日でも気軽に遊べるところ

特に、梅雨の時期になると外で遊ぶことができないですよね?

そんな時に、室内ジャングルジムがあると子供が遊べるので便利ですよ( *´艸`)

体を動かして遊ぶことができるので、運動不足やストレスも少しは解消できちゃいます!

さらに公園デビューするまでに、滑り台やジャングルジムの仕組みなどを覚えられるところも良かったかな?と思います♪

妊娠中の時は公園遊びがなかなかハードですが、室内なら休憩しながら近くで見守ることができたのでとっても安心できましたよ!

デメリット

デメリットとしては「飽きやすい」ことです。

特に滑り台は長さが短いので物足りなくなります。

やっぱり屋外にある滑り台と違って、サイズも小さいことから子供にとっては迫力が全く感じないんですね。

子供が成長していくと自然と外で遊ぶことが増えてくるので、公園で遊ぶ機会が多い場合は必要がないかもしれません

ただ遊び方によっては、楽しく遊ぶことができますよ!

↓Twitter上の口コミ

大きくなってくると遊び方は変わりますが、子供の発想力がさらに豊かに♪

後はサイズが大きいこと

組み立ててみるとサイズが大きく、それなりに部屋の面積を取ってしまいます。

子供部屋があるのであればいいのですが、ない場合は少し部屋が狭く感じてしまうことも。。

最近は折りたたみ式のジャングルジムが販売されているので、お部屋が狭い空間でも収納しやすく便利ですよ(^^)

室内ジャングルジムは何歳まで?

さて室内ジャングルジムはいらない理由と、メリットとデメリットを解説してきました。

飽きてしまうというのは年齢によって感じやすくなります。

だいたい室内ジャングルジムを使用して遊ぶ年齢は、

8か月頃~3歳頃まで

が多いようです。

何かに捕まって立つことができるようになった頃(つかまり立ち)から、遊べるようになっていきます。

わが家でも3歳頃になると屋外のジャングルジムで遊ぶようになり、室内ジャングルジムは使わなくなりました(^^)

3歳以降からは外の遊具などで遊ぶことが上手になってきます。

体の成長ともに室内のジャングルジムでは小さく感じてしまうんですよね。

公園で遊ぶ機会が増えてくると、室内ジャングルジムで遊ぶ時間も少なくなり遊ばなくなります。

その時期がだいたい3歳前後となります。

室内ジャングルジムの事故を防ぐには?

室内で簡単で遊ぶことができることで人気のジャングルジムですが、対策をしっかりとしないと事故やケガの原因となってしまいます。

室内ジャングルジムを設置する際は、必ず下にマットを敷くことが大事です

室内で遊ぶものなので低めに作られていますが、落ちてしまうとケガをする可能性もあります。

そのためマットを敷いて安全対策をしっかりとするようにしましょう!

さらに大人がきちんと見ていれば、事故につながる可能性も低いので見れる位置で遊ばせることが大事ですね(・∀・)

特にフローリングに置く際は、厚めのマットを敷くのがおすすめです!

たとえ落下してしまってもマットでケガを防ぐことができます。

おすすめはプレイマット

マットの厚さが4cmあるので防音効果にも最適♪マンション住まいでも安心です!

さらに折りたたむだけで片付けることができて掃除しやすいし、収納しやすいところも便利♪

ジョイントマットを使って敷くのもおすすめですね。

使いやすさ抜群のジョイントマット!どこにでも手に入るし、柄の種類も豊富なのでお家のインテリアにも合わせやすいメリットがあります!

ただわが家では、ジョイントマットだと剥がして口に入れてしまうことがあったので、プレイマットを使用しています♪

さらにフローリングや和室に敷きっぱなしだと、そこからカビが発生してしまいます。

特に子供が触るのでしっかりと掃除をして清潔に保つためにも、片付けが簡単なプレイマットはおすすめですよ(・∀・)

室内ジャングルジムのおすすめ

次に楽天で人気の室内ジャングルジムを3つご紹介します。

アンパンマン

我が家でも使っていたアンパンマンのジャングルジム!一番使いやすくてとってもおすすめです!

階段を上がるときは音が鳴るので、子供の向上心も上がります♪

折りたたむことができるタイプなので、収納にも場所にも困りません♪

デメリットとすればパイプを外す際には、付属でついてくる「パイプはずし器具」がないと外せないこと。

外す時は少しコツが必要です。不器用な私はコツをつかむまで少し時間がかかってしまいました(^▽^;)

ただコツをつかむと簡単に解体することができるので、購入を考えている人にはおすすめですよ♪

プレミアムキッズパーク

楽天の口コミが6000件以上もある大人気の室内ジャングルジム!

お値段は高めですが、その分嬉しい機能がたくさんあります♪

3段ジム・滑り台・ブランコ・鉄棒

の一台で4種類の遊び方が可能です!

室内のジャングルジムは場所を確保しないといけないし、片付けも大変ですよね?

このジャングルジムなら折りたたんで移動することができ、収納や場所にも困りません♪

カラーは3種類!

  1. ショコラブラウン
  2. ピュアホワイト
  3. エレガント

キャラクターものだとお部屋に浮いてしまいますが、インテリアに合わせることができちゃいます♪

組立も30分ほどで簡単にできるのでおすすめです( *´艸`)

じゃんぐりら(Jungle-la)

室内ジャングルジムには珍しい「パイン材」使用のジャングルジム!

購入するにあたってこんな心配はありませんか?

  • プラスチック製だと強度が心配
  • パーツが簡単に外せるなら指を挟まないか心配
  • 高さはあると見栄えはいいけど落ちたら怖い・・
  • 出しっぱなしにするなら見た目もいいものがいい

と室内ジャングルジムの購入を検討しているママさんの心配を、現役ママさんが考案し作られたのがこの商品です!

ポイントは、

  1. 耐荷量:50キロ
  2. ケガを最小限に抑える丁寧な仕上がりを実現!
    ・角は全て丸い
    ・表面はしっかりと研磨
    ・Wロック構造で手を挟む心配なし
    ・滑り台の段差をなくした設計なので足をぶつける心配なし
  3. 高さを抑えた2段構造
  4. 部屋のインテリアになじむデザイン

プラスチック製だと強度って確かに心配ですよね。

体が大きくなるにつれてミシミシと鳴ることもあります。わが子の場合も3歳前になるとよく鳴っていました(^▽^;)

この商品は50キロまで耐えることができるので、子供が2人乗っても大丈夫☆

さらにさらに見た目によらずとっても軽いので、お掃除もしやすいのが嬉しいメリット♪

出しっぱなしにするなら断然おしゃれで、インテリアになじむものがいいですよね~!

室内ジャングルジムはレンタルも!

購入してみたいけれど、

  • 遊んでくれるのか
  • 早く飽きてしまわないか心配

と思う人もたくさんいると思います。

そんな時に安心なのが「ベビー用品レンタル」です!

ベビーベットやベビーカーなどが気軽に借りることができるので、とっても便利ですよね♪

今では子供が遊ぶおもちゃや絵本などもレンタルすることができるので、気軽に借りることができるのも嬉しいところです(^^)

室内ジャングルジムもレンタルできるので、気になっている方はぜひチェックしてみてください♪

まとめ

いかがでしたか?

今回は室内ジャングルジムがいらない理由やメリット・デメリットなどについてご紹介してきました。

いらない理由は上記に解説した意見が多いですが、一番は年齢によって外(公園)で遊ぶ機会が増え、室内で遊ぶ時間が少なくなっていくことが挙げられます。

ただし雨の多い日(梅雨時期)や、なかなか公園や市民センターなどに行くことができない場合などは、室内ジャングルジムはあったほうがいいのかな?と個人的には思います。

私も妊娠中でなかなか外に出ることが難しかった時は、本当に助かりました(>_<)!!

子供が飽きないか心配!という方は一度レンタルしてみるのがいいと思います!

ぜひ参考にしてみてくださいね!