子育て

アイロン 名前シールが剥がれる!剥がれない方法を付け方や縫い付け方の2通りで解説・おすすめのお名前シールのご紹介!

こんにちは。サラです。

サラ
サラ
今回の記事では、

  • アイロン 名前シールが剥がれる!
  • 剥がれない方法を付け方や縫い付け方の2通り
  • おすすめのお名前シール

について詳しくご紹介していきます。

4月から幼稚園や小学校の新生活が始まりますね。

入園グッズや洋服などに簡単に貼りつけることができるので、お名前シールは必要不可欠

最近では防水加工されたシールもあり、どんな場面でも対応できるので忙しいママさんにはとっても優れたアイテムです!

アイロンで接着する名前シールが多いですが、洗濯を繰り返していると「剥がれてきてしまった~!」と困っている意見をよく聞きます。

今回は、アイロンで貼りつけた名前シールが剥がれにくくする方法について調べてみました!

参考になれば嬉しいです。

アイロン 名前シールが剥がれる原因は?

しっかりとアイロンで付けたはずなのに、時間が経つにつれシールが剥がれてきたことはありませんか?

剥がれやすくなる原因として、

名前シールについている糊(のり)が完全に粘着していないこと

が一番多く挙げられます。

アイロンで付ける名前シールの糊は、

  • アイロンの熱で溶けて繊維に粘着し、糊が冷めて固まることで剥がれるのを防ぎ粘着する

役割があります。

いちいち名前を書かなくてもよく、アイロンで貼り付けるだけなのでとっても簡単♪

ただ十分に温まっていないアイロンを使ってしまうと、シールを貼り付けても時間が経つにつれて剥がれてしまうことがあるんです

そのため「また剥がれた~!」ということになってしまうんですね。

名前シールを貼りつける量が多いと焦ってしまいますが・・焦りは禁物(>_<)!

十分に温まったか確認してから使うことが重要です!!

さらに上記以外で挙げられる原因といえば、

  1. シールに伸縮性がない
  2. シールの糊と付ける素材が合っていない
  3. 洗濯で糊が取れる

などがあります。

アイロンで付ける名前シールは、基本的に粘着力も強く剥がれにくいものばかりです。

ですが、洗濯でどうしても糊が取れやすくなり剥がれてきてしまうことがあります。

他の衣服との擦れなどで剥がれてしまうんです(>_<)

さらにもともと付きにくい素材である場合では、剥がれやすい傾向に。。

例をあげると、もこもこ素材(フリース)やふかふか素材(パイル)などの生地は毛並みが長く名前シールを貼り付けるのは不向きの素材です。

毛並みが長い=粘着部分が少なくなる

粘着部分が浮きやすくなって、剥がれやすくなる。

小さなお子さんだったら自分で取ってしまったりすることも(; ・`д・´)!

剥がれやすいポイントを抑えることで剥がれにくくなるので、少し面倒ではありますがしっかりと対処していくことが大事ですよ!

名前シールをアイロンで貼るおすすめの場所は?

アイロンで名前シールを貼る場合は、できるだけはがれにくい場所に貼るのがおすすめです!

Tシャツの首元・ズボンのウエスト周りなど伸縮したりする場所には、お名前シールは不向きなんです。

そこで名前シールを貼り付けるおすすめの場所は、

タグの部分

※園によっては、貼る場所や書く場所が指定のところもあります。

  1. Tシャツ:タグの部分
  2. ズボン:裏側(タグの部分)
  3. 手提げバック:裏側

などが挙げられます。

ただし、子供がキチンと確認できるように伝えておく必要があります。

それでもアイロンを使うのがめんどくさいと思う場合は、こちらもおすすめ!

アイロン不要でピタッと貼り付けるだけなので、とっても簡単♪

ハンカチなどの小物には、アイロン不要の名前シールが貼りやすくておすすめですよ(^^)

次はお名前シールの剥がれない方法について、アイロンでの付け方や縫い付け方を解説していきますね。

アイロンで名前シールの付け方

アイロンを使って名前シールの付け方をご紹介します。

剥がれにくくするための対策として、

しっかり丁寧にアイロンでプレスすること

ことが重要です!

普通に貼り付けるより、長く名前シールがついてくれるようになります。

本当に最初が肝心(; ・`д・´)!

 

さらにアイロンで付ける前に、シールの角を挟みで丸く切っておくとさらにGOOD!

引っかかりを防ぐことで剥がれることが少なくなるので、さらにひと手間加えると安心です♪

名前シールをアイロンで縫い付ける方法

続いて名前シールの縫い付け方法についてご紹介します。

名前シールもアイロンでしっかりつけても、洗濯などでいずれは剥がれてしまうものです。

その場合、よく洗濯するものや何年も使うものは縫い付けておくと強度が増して安心です

おすすめとしては、

アイロンでしっかりとつけたあとに、シールの角を糸で縫い付けること

そうすることで洗濯をしてもシールが外れにくくなりますよ(^^)

私もシールが剥がれてしまうのが不安だったので、角の部分だけを簡単に縫い付けるようにしました!

名前シールが取れることもなかったので、今でもこの方法で付けています♪

その際の注意点として、

  • アイロンでつけた名前シールの糊は一度粘着するとテープが固くなります。

そのため結構縫いにくい(>_<)

縫う時のポイントとして、細い針ではなく太めの針を使用すること!

細い針だと力を加えにくく、場所によっては折れてしまうなんてことも(>_<)!

なので縫い付けるときは太めの針を使うようにしましょう~!

縫い付ける作業は少し面倒にはなります。

ですが、ひと手間を加えるだけで強度も上がり簡単に剥がれなくなるので、今後のストレスが軽減できちゃいます♪

簡単に縫い付けるだけでも全然違うので、試してみてくださいね(^^)

名前シール アイロンのおすすめは?

次は、アイロンを使った名前シールの人気でおすすめをご紹介します。

お名前シール工場

口コミ件数が2万件!人気の名前シール!

デザインも600種類もあるのでお友達と被ることも少ない♪

さらにしっかりと防水加工もしているので、食洗器や電子レンジにも対応可能が嬉しい(^^)

お名前シール製作所

こちらも人気のお名前シールです!小学校まで使えるシンプルなデザインもあるので自分の好みを選べちゃいますよ♪

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では、アイロンで名前シールが剥がれる場合の対処方法についてご紹介してきました。

子供が着る洋服は頻繁に洗濯をするので、そうしても名前シールが剥がれてしまうものです。

ただし今回ご紹介した付け方・縫い付け方で剥がれにくくなるので、ぜひ試してみてくだいさい♪

個人的には、アイロンでしっかりとプレスした後に縫い付ける方法が一番おすすめです!

少し面倒ではありますが、剥がれるデメリットが普通につけるより確実に少なくなりますよ(^^)