子育て

セレモニードレスは水通しは必要なの?ドレス・肌着・帽子の水通し方法を解説と西松屋とブランドのおすすめドレスをご紹介

こんにちは。サラです。

サラ
サラ
今回の記事では、

  • セレモニードレスは水通しは必要なの?
  • ドレス・肌着・帽子の水通し方法を解説
  • 西松屋とブランドのおすすめドレス

について詳しくご紹介していきます。

出産準備で、セレモニードレスを用意するのかしないのか悩んでしまいますよね。

セレモニードレスとは、赤ちゃんの晴れ着です。退院した時や、お宮参りなどの記念に着せる装いのことですね。

男女問わず着せることができるので、特別な行事の際に子供に着せている人も多いです。

購入はしたけれど、セレモニードレスは水通しは必要なのか気になりませんか?

子どもの服は一度水通しするのが一般的ですが、ドレスということもあって迷ってしまいますよね。

水通しは必ずするようにしましょう!赤ちゃんの肌にとって水通しは大変重要なことなんですよ(^^)

セレモニードレスは水通しは必要なの?

結論からいうと、セレモニードレスは水通しが必要です

赤ちゃんはお腹の中にずっといたのお肌はとっても敏感です。着せる服によって荒れてしまったりすることがあります。

セレモニードレスの水通しのポイントは、

赤ちゃんの肌に触れるものには必ず洗濯(水通し)をすること!

買ったばかりの服(生地)には、シワ伸ばしのために「糊」がついている服がほとんどなんです。

新生児の赤ちゃんに着せる服なので、しっかりと糊を落として水通しをしましょう

さらに買ったばかりの服は、水通しをしておかないと肌ざわりがよくありません。水を通すことによって生地が柔らかくなりますよ( *´艸`)

※綿タイプの服は水通しすると縮んでしまいます。せっかく買ったのに少しパツパツになっちゃった!!ということがあるのでサイズに注意が必要です。私がそうでした(>_<)!

次に、ドレス・肌着・帽子の水通し方法について解説していきます。

ドレス・肌着・帽子の水通し方法を解説

先程、セレモニードレスの水通しの必要性をご紹介しました。

赤ちゃんの肌はデリケートなので水通しは大事ですが、服の生地によっては水通ししていいものといけないものがあります。

赤ちゃんが着用するセレモニードレスには、重ね着タイプになっている服が多いです。

  1. レース(最後に着せる外側の服)
  2. ベビードレス(ベビー服・2WAYオールなど)
  3. 肌着(コンビ肌着+短肌着)

肌着とベビードレスは水通しをします。赤ちゃんが着る服なのでしっかりとおさえておきましょう。

↓洗濯をするときに使うオススメの洗剤はこちら

最後に着せるレースですが、こちらは水通しをしなくてOKです。

水通しをする際は、洗濯表記を確認することが重要なんです!

赤ちゃんの肌に触れる肌着やベビードレス(ベビー服・2WAYオール)は、洗濯できる素材が使われているものが多いので、洗濯表記の指示に従って水通しをしておくと、気持ちよく使うことができて赤ちゃんも安心ですね♪

※おくるみ・靴下・帽子などは、洗濯表記を確認した上で水通しましょう。(しなくてもOKですよ♪)

西松屋のおすすめセレモニードレスは?

出産準備から安く購入することができる西松屋でも、可愛いぃ~セレモニードレスが販売されています!

セレモニードレスの種類がとっても豊富です!男の子と女の子どちらも可愛くおしゃれになれます♪

フリルが付いているドレスや、ディズニー仕様のドレスだったりと選ぶのが楽しくなりますよ( *´艸`)

ブランドのおすすめセレモニードレス

子供服のブランドといえばミキハウスが有名ですよね。

お値段は高めですが、さすがミキハウスだと思う生地・素材のしっかりさ

やっぱり値段がリーズナブルだと、洗濯していくうちに生地が若干頼りなくなってしまいますが、生地がしっかりとしているので安心して洗濯をすることができちゃいます( *´艸`)

さらに可愛い服がたくさんあるんですよね~お宮参りや百日記念日などで着せる予定を検討しているのなら、ミキハウスを考えてみてもいいかもしれません♪

楽天市場でも販売!

口コミ件数が500件以上の人気のショップさんのセレモニードレスです!
ボタンの色をホワイト・ブルー・ピンクの3色から選ぶことができます♪

↓珍しいボレロ付きのセレモニードレス!秋~冬にかけてオススメ!

セレモニードレスはレンタルもおすすめ!

退院時は着せなかったけれど、やっぱり記念にセレモニードレスを着せたい!ならレンタルするのもアリです!

オススメのポイントは、

  1. 種類が豊富
  2. コストが抑えられる

セレモニードレスの種類がとても多いので、自分の子供に合う服を選ぶことができます♪

手軽に利用できるところなどがレンタルの魅力ですね( *´艸`)

お宮参りなど一生で一回しか着ないのであれば、わざわざ購入するのはもったいない!

レンタルなら低コストで抑えることができるので、本当にオススメですよ(^^)/

まとめ

いかがでしたか?

今回は、セレモニードレスの水通しの必要性についてご紹介していきました。

  • セレモニードレス・肌着は水通しが必要
  • レースやフリルは水通しは不要
  • 購入を悩んでいる人にはレンタルがおすすめ!

赤ちゃんの肌はとってもデリケートです。糊がついたままの服を着ると肌が荒れてしまう原因になります。

赤ちゃんの肌に触れるものは必ず水通しをすることを覚えておきましょう!

一生に一度の記念にセレモニードレスを着せてあげるいい思い出になりますよ♪

参考になれば幸いです。