子育て

ベビーハンガーは代用できる?ダイソー・セリアの100均ハンガーの口コミをご紹介と必要性とサイズについて解説!

こんにちは。サラです。

サラ
サラ
今回の記事では、

  • ベビーハンガーは代用できる
  • ダイソー・セリア100均ハンガーの口コミ
  • ベビーハンガーの必要性やサイズ

について詳しくご紹介していきます。

赤ちゃんの服を洗濯するのに便利なのが、赤ちゃん用のハンガーです。

大人の服に比べてサイズの小さい赤ちゃんの服は、普段洗濯に使っているハンガーではサイズが合いません。

合わないハンガーを使用すると、服の生地が伸びたり首回りがヨレヨレになり、型崩れの原因となってしまいます

赤ちゃんの服は専用のハンガーを使うと、キレイに保てるのでとってもおすすめ!

最近は、100均でも赤ちゃんハンガーを買うことができちゃいます♪

\洗濯の負担を軽減する連結ハンガーが人気!今なら特典付き♪/

ベビーハンガーは代用できる?

結論からいうと、ベビーハンガーは代用できるグッズがあります。

それがこれ!

パラソルハンガーです!

赤ちゃんの服は前開きタイプの服が多いので干しやすい!

傘のように開いた形状が特徴的なので、赤ちゃんの服を干す際は袖の部分をハンガーの通すことがポイント!

ハンガーの跡が残ることが少なく済みます( *´艸`)

洗濯ばさみを付いているので、服が飛ばされる心配もありません!

赤ちゃんの服だけでなくバスタオルなども干せるので、長く使うことができるので持っていても損はしませんよ♪

ベビーハンガーの100均の口コミ

赤ちゃん用のハンガーは、100均でも購入することが可能です。

最近の100均は、赤ちゃんのお世話に必要な「おしりふき」や「おむつ」などが非常に充実しています。

ハンガーも例外ではなく、カラーも色が豊富で3本や5本がセットになって販売されています。

お部屋のイメージに合わせて選べるのも嬉しいポイントです♪

少しでも節約したい人には、100均のハンガーはおすすめ!

今回はダイソーとセリアの赤ちゃんハンガーを、実際に購入した方の口コミをご紹介します。

ダイソー

ダイソーでは連結の赤ちゃんハンガーまで販売しています!

一気にまとめて干せるのは嬉しいですよね( *´艸`)

セリア

ダイソー・セリアともに、カラフルな赤ちゃんハンガーが多いです!

自分で考えてリメイクできるのがすごくいい!気分も上がってしまいます♪

ただし個人的にではありますが、100均ハンガーのグリップ部分の耐久性に若干不安を感じることがあります

100均だしな~と納得はしていますが・・できるだけ長く使いたい人には少し不向きかもしれません(>_<)

ベビーハンガーは必要?

でも実際に「赤ちゃん用のハンガーって必要?」と、思っている方もいるのではないでしょうか?

赤ちゃん用のハンガーは、絶対に用意しないといけないという決まりはありません

ただ、赤ちゃん専用のハンガーを使うとメリットもたくさんあるんですよ!

  1. 干しやすい
  2. 型崩れしにくくなり長持ちする
  3. 取り込んだ後、そのまま収納も可能

上記に挙げたメリットを少し解説していきますね。

干しやすい・型崩れ防止になる

赤ちゃんの服って本当に小さいですよね。

普通のハンガーで干すことももちろん問題はありません。

ただ、使っていくうちに首の周りや生地がどうしても伸びてきてしまいます

すぐに赤ちゃんは大きくなってしまいますが、せっかく購入した服はできるだけ長く着続けたいですよね。

特に、お気に入りの服はいっぱい着てほしい(>_<)!!!

生地の伸びや型崩れを防止するには、服のサイズがあったハンガーを用意するのがおすすめです!

そのまま収納可能

服をかけて収納している場合は、ハンガーのまま取り込んでラックにかけてしまえば時短にもなります!

忙しいからこそ「少しでも手間を省きたい!」と思う人には、赤ちゃんハンガーはおすすめです!

服をたたむのも家族が多ければ本当に大変ですよね(>_<)!

吊るすことでたたむ作業も減って服を見つけやすくなり、「どこだっけ~?」と探す手間もなくなります♪

ベビーハンガーのサイズや種類は?

赤ちゃん用のハンガーのサイズや種類(タイプ別)についてご紹介します。

サイズ

赤ちゃん用のハンガーのサイズは、

だいたい100サイズまで

の服に対応しています。

そのため、新生児~3歳までのお子さんの服をかけるのに適しています

服の種類にもよりますが、わが家の場合は110センチ以上の服はずれ落ちたりして使えなくなってしまいました!

今は下の子の服で再利用しています(・∀・)!

子供は大きくなるのは早いですが、できるなら長く使い続けたい方もいるのではないでしょうか?

そんな時は伸縮性があるハンガーを選ぶといいですよ♪

110センチ以上の服でもしっかりとかけることができます( *´艸`)

さらに赤ちゃん用のハンガーはなんと、ズボンを干すのに適しているんです

洗濯ばさみ付きのハンガーだと、どうしても跡がついてしまうのがネックでしたが、赤ちゃんハンガーを使うことで跡は付かず、ズボンのゴムも伸びることがありません!

幼稚園に履いていくズボンなどは、赤ちゃんハンガーで対応しています♪

乾きやすいのも嬉しいところ(・∀・)!

ぜひ試してみてください♪

個別タイプ

赤ちゃんハンガーの中でも最も種類が多く、他のハンガーに比べて本数もセットになっている一般的なハンガーです。

100均やベビー服専門店にも多く販売されています。

特徴としては、

一着ずつ服をかけて使用すること

特に吊るす収納にしている場合は、取り込んだ後ハンガーのままかけることができるので時短にも

滑り止めがついているタイプを選べば、服が落ちてしまうことも防げます!

連結型タイプ

個別タイプとは違い、1つに繋げた形状のハンガーが連結タイプとなります。

商品によっては、3連から10連のハンガーがありライフスタイルに合わせやすいメリットがあります。

干すたびにハンガーを出し入れしなくてもいいので、家事の負担が減るのも嬉しいポイント

ただし、繋がっているためサイズとしてはどうしても大きめです。

そのためハンガーにかけて吊るす収納ではなく、ラックやケースに収納したい方には不向きといえます。

肌着など種類が多いものを干すのに、連結タイプはとっても便利ですよ( *´艸`)

主にこの2通りのタイプが多く販売されています。

その他にも、ピンチタイプのハンガーもあります。

主にズボンやスカートを干す時に重宝されます。グリップがついているからずり落ちることもなく、しっかりと止めることが可能です!

ただし服の挟む場所によっては、引っ張られて伸びてしまったり型崩れの原因となってしまうこともあります。

その点がピンチタイプのデメリットといえます。

赤ちゃんハンガーの西松屋・ニトリ

ベビー用品でおすすめの西松屋とニトリの口コミをご紹介します。

西松屋

ニトリ

西松屋はカラーが豊富で、ニトリはどちらかというとシンプルなカラーが多いです。

お部屋のインテリアに合わせて、組み合わせが自由にできますね( *´艸`)

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ベビーハンガーは代用できる?必要性やサイズについて詳しく解説してきました。

  • ベビーハンガーはパラソルハンガーで代用可能!
  • ベビーハンガーを使うことで、洗濯の時のストレスが軽減できる。

使い方次第では、子供が大きくなってもズボンなど干すのに使えるので持っていても役に立ちますよ♪

ただし100均のハンガーはグリップ部分の耐久性が少し不安を感じてしまうことも。

長く使い続ける予定であれば、少し高めになってしまいますが耐久性のあるハンガーを選んだほうが大きくなっても使い続けることができますよ(・∀・)!

参考になれば嬉しいです。

赤ちゃんのスプーン記事はこちら

赤ちゃんのスプーンは100均で買える?ダイソー・セリアの口コミと赤ちゃんはスプーンをいつから使えるのか解説!こんにちは。サラです。 について詳しくご紹介していきます。 赤ちゃんが5・6か月頃になると始まる離乳食。 普通に買...